アメリカ⇔日本の国際線レビューや旅行、英語TOEIC、映画メインのブログです。

子連れで飛行機で海外へ!子供がぐずらない過ごし方アイディア13選!

投稿日:25/04/2018 更新日:

ねこのめです。赤ちゃん~2、3歳までの小さな子供といっしょに海外へ長距離フライトをするときのアイディアを紹介します。

子連れ 飛行機 海外 持ち物子供が0歳の時から17年間アメリカ⇔日本を毎年1、2回往復してきました。

小さい子どもとの長距離フライトはほんとうに大変です。まわりに迷惑をかけないように気をつかい、あの手この手のぐずり対策を考え、毎回気合を入れて搭乗していました。

ここではその経験から、子供連れ(おもに1~3歳のぐずりやすい年齢)で海外へ長距離フライトするときの機内でのすごし方、持って行くといい役に立つものをまとめてみました。

これから小さい子供と海外フライトの予定の方や、海外に行きたいけどまだ子供が小さいから不安・・・という方は参考にしてくださいね\( 'ω')/

 

子連れで飛行機に乗るときのアイディア13選

1.数パターンの遊び道具をパックに分けておく

子連れ 飛行機 海外 持ち物カラフルにいろんなタイプをセット

いろいろなちがう種類のおもちゃを数パターンに分けて、ジップロックにセットしておきましょう。

「これを渡しておけば永遠にずっと遊んでくれている」という鉄板アイテムがない限り、同じもので長い時間あそばせるのはあきてしまうし、ムリがあります。退屈すると子供ってぐずりがち。

そんなときは、「はい、これっ!つぎっ!」と気分転換できるように、数種類のおもちゃやペンなどを数パックに分けて用意しておきます。「飽きて来たな?」と思ったらサッと出せるようにバッグに分かりやすいようしまっておきましょう。

子連れ 飛行機 海外 持ち物
小出しにして飽きさせない!

パターン1はクレヨン、パターン2は折り紙、という風に切り替えが効くおもちゃをジップロックにセットしておくといいです。

いつも使っているお気に入りのおもちゃを小分けにして、小出しにする手もあります。

お絵かきが好きなお子さんなら、ノートもいろんなタイプを用意しましょう。かさ張るならちっちゃなものでもOK。

ノートが重いときは、色紙とかいろんなパターンの紙でもいいですね。はがして遊べるポストイットもよろこびます。

子連れ 飛行機 海外 持ち物

子どものテンションが上がって集中させるためには、これまでに遊んだことのないタイプのおもちゃが効果的です。まだパッケージに入っている新品のアイテムもよろこんで使うでしょう。開けるところから遊べますからね。

バッグに入れておくときは、オフィス用の半透明のファスナー付きのケースにまとめて入れておくと取り出しやすいです。

外からひと目でわかって便利

2.キッズミールをたのしく食べれる準備をしておく

子連れ 飛行機 海外 持ち物親のスナックも入れておきましょう

キッズミールはそれなりに子供が楽しめるようにセッティングしてありますが、ほかにもキャラクター入りのふりかけなど子供がよろこぶようなものを用意しておきましょう。

ふだんは買わないようなキャラクターなど子供が「あれ??」って笑顔になるものがいいですね。

また、お気に入りのスナックなどを小分けにして持っておきましょう。パパママのスナックも忘れずに。

3.機内エンターテイメントのためのアイテムを用意

機内エンターテイメントのアニメやゲームを問題なく楽しめるよう、準備しておきましょう。

子供用ヘッドフォン

おすすめは子供用のヘッドフォンです。バンダナタイプなら頭のカタチにピッタリ合ってズレないので、アニメや映画やゲームをよりたのしめます。

下の写真のような、こんなかカワイイねこさんやウサギさんのカタチをした子供用のヘッドフォンもがあります。ゴテゴテしていないので、これなら寝るときもあまりジャマになりません。

ヘッドフォン用プラグ

つぎに飛行機のヘッドフォンの挿入口用プラグです。自分が最近乗ったJALのボーイング777は、ヘッドフォンの口が2個でした。私のヘッドフォンは1個口。片方しか音が出なくて12時間イライラのフライトでした。

ジャックが合わないのは致命傷。これは必需品です。

ヘッドフォン分岐ケーブル

そしてイヤホン、ヘッドホンの分岐ケーブル。子供といっしょにアニメを見たり、ゲームをしたりするときに便利です。ただし使うときはヘッドフォンをしているので大声で会話をしないように気をつけましょう。

おしゃべりができる3歳以上の子供だったら、おうちで「ヘッドフォンの時はこうやって静かに話そうね。」って、ヒソヒソ話の練習をするのも楽しいかも!!(^^)

4.足元スペースのクッションで快適にしてあげる

子供は床に足がつかないので宙ぶらりんになってしまって可哀想です。あまり長い時間足をぷらぷらしていると疲れてしまいます。

2000円以下で足元スペース用の膨らますクッションがあるので用意してあげましょう。子供が寝てしまった時にも足を伸ばせることが出来て便利です。親も足をのばしてお腹の上に子供を乗っけてあげることもできます。

パパママも長距離フライトでは足が疲れてきます。こちらのフットレストを使うと信じられないくらい足が楽ですよ。13時間のフライトでもまったく疲れなくなりました。超おすすめです!

5.サッと履けるスリッパを用意する

子供がぐずったりしたときのために機内ではすぐ履けるスリッパを用意しておきましょう。またはすぐ履ける靴で搭乗しましょう。

「トイレ!」と言われたときにゴソゴソ靴を履いていては、子供は待てないかもしれません。サクッと立てる準備はマストです。(ちなみにJALのプレミアムエコノミーにはスリッパが用意されていると思います。ANAはどうかな?)

6.お着がえセットを作っておく

子連れ 飛行機 海外 持ち物一式セットにしておきましょう

子どもの下着や靴下、お着がえをパックして持っておきましょう。もしジュースや水をこぼしてしまったら・・・。疲れからおねしょをしてしまったら・・・。

ふいても濡れた服はオトナでもイヤですよね。お着がえをセットで用意しておけば、サッと取り出して着がえさせてあげることができます。

また飛行機によって機内の温度はマチマチです。日系の飛行機の機内はどちらかというとあたたかく、海外の航空会社の機内は温度を低く設定していることがあります。温度調整できるよう、コットンの下着や上着を用意してあげましょう。

長い一日なので、できるだけ快適な空間をつくってあげましょう。

スポンサーリンク

7.いつも使っている食器やカップをもって行く

子連れ 飛行機 海外 持ち物
使いなれている食器でお食事

お子さんが自宅でふだん使っている食器やカップをジップロックに入れて持って行きましょう。

機内で出される使いなれないスプーンやフォークだとついこぼしてしまうかもしれません。機内の狭いシートでは汚れをふき取るのは大変です。防水のスタイやエプロンを用意するのもいいですね。

7.収納力の高いバッグをつかう

さて持ちもの編は以上ですが、すべて持って行くとなるとけっこうな量になっていますよね。

荷物が多い旅行の時は、バッグの使い勝手も大切です。役に立つのが収納能力の高いバッグです。

モバイル用小物ケース

こちらはモバイルグッズ用の収納ケースですが、小物を一目でわかるようにサックリ収めることができます。子どものお薬だったり、ペンをカラフルに収納したり、アイディア次第でいろいろつかえてとても便利。

赤ちゃんなら、このバッグのポケットひとつひとつにおもちゃを入れておくだけで、入れたり出したりしてあそべるいいオモチャになりますよ。赤ちゃんってポケット大好きですから。

リュック型マザーズバッグ

バッグは、リュック型のマザーズバッグがなんといってもイチバン!ママのことを考えられた設計で、細かいところにアイディア満載なので、小分けにしたジップロックもスッキリ収納出来て、サッと取り出せます。両手も自由になります。

モバイル用バッグパック

パパなら、PCバッグパックが整理整頓して収納できて便利。

子連れはとかく必要なものを「サッと取り出す」がポイントです。デジタルデバイス向けのバックパックは容量が多く、コンパクトにまとまっていてポケットがあちこちに着いているので、とても使い勝手がいいです。

この手にはカラフルなカラー、パステルカラーもあるのでママでも使えそう。

さてここからは心構え編です。

8.できることなら夕方便で飛ぶ

たとえばニューヨーク便ですと、成田を夕方6時半ごろ出る便があります。これだと、飛行機に乗って1時間半くらいたった7~8時にご飯が出て、そのあと機内が暗くなってお休みタイムになります。なので、子供は通常のスケジュールに近い環境で機内ですごすことができます。

着いたときにあちらも夜なので、着いてからまた寝れるので時差ボケしにくいです。旅行の計画を立てるときに便をえらべる余裕があるなら考慮したい点です。

9. 搭乗前には歩かせて疲れさせておく

搭乗前の準備としては、空港内をぷらぷらと歩き回りできるだけ運動をさせておきましょう。機内でぐっすり寝てくれる確率が高くなります。でも疲れ過ぎると逆にぐずりの原因となってしまうので、適度に歩かせましょうね。

もし歩き回って汗をかいてしまったら、搭乗前に汗ふきシートなどで汗をきれいにふいてあげましょう。体はサッパリ、疲れているのでごはんを食べたらすぐにぐっすり寝てくれるかもしれません。

海外 子ども連れ 飛行機

10.1週間前から体調をととのえておく、ワクワクさせておく

搭乗日の1週間ほど前になったら、規則正しい生活で体調を整えてあげましょう。

飛行機の乗るときにサイアクなのは風邪ぎみでのフライトになることです。鼻の奥に粘膜が出ていると上昇・下降時の耳の痛みやつまりがひどくとてもつらい思いをします。おとなならガマンできても子どもにはムリです。

毎日ぐっすりねむらせて、健康的なごはんをだして、風邪などひかないようしっかりと管理してあげましょう。

また3歳以上のもの分かりがついてきた子供なら、おやすみ前などに旅行について「楽しみだね」っておはなしをして、「旅行は楽しいもの」とワクワク感を持たせておくのもいいですね。

海外 子ども連れ 飛行機

11.親も睡眠をたっぷりとっておく

旅行前はとにかくバタバタで、パパママも大変です。とくに子供がふたり、3人と複数ならいくらたのしみな旅行と言えどもストレスがたまってくると思います。

が!ここは子供のため!親もしっかり自己管理をして、よけいなストレスから子供に当たってしまわないよう、自分をコントロールしておきましょう。

もしイライラして子どもにキツく当たってしまったら・・・自分にとってはたった一回ひどく怒っただけと思っていても、子供にとってはたのしい旅行の思い出より悲しいトラウマになってしまいます。

飛行機に乗る1週間くらい前からは、なるべく家族みんなでリラックスして過ごすように心がけましょう。

12.不意のトラブル用のセットを作っておく

アメリカで体験したことですが、日本へ帰ろうとしてアメリカ国内の3つの空港に飛ばされ、日を越して50時間以上帰れなかったことがありました。

そのあいだ着替えなどの荷物がつまったスーツケースは飛行機に乗ったまま。コロコロひとつでアメリカ国内をアチコチ移動するハメに。

この時に役に立ったのが、こんなこともあろうかとセットしておいた1,2泊用のお泊りセットです。

中身は、基礎化粧品のトラベルセット(お試しセット)、下着、歯ブラシ、歯磨き粉、日本の薬(頭痛薬・胃薬)、カットバン、シャンプーリンスのお試しサイズパウチ、小さいタオル、ブラシ、ポケットティッシュ、ナプキン、20cm×10cmくらいの100均のポーチにコンパクトにまとめたものです。

子供用と自分用にこれだけあればなんとかなるという最低限のアイテムをセットがあると安心。

アメリカの場合ですと、モーテルや小さいホテルには歯ブラシセットはありません。シャンプー・リンスがないこともほとんどです。

13.ハーネスで迷子防止

大きな空港はどこも人でごったがえしています。さらに近年は世界中で治安にも不安があり、ちょっとでも子供から目を話すのかキケンすぎます。特に2,3歳くらいの子供は好奇心旺盛ですから、あっとうまにどっかへ行ってしまうかもしれません。

ちっちゃい子どもには、ハーネスをつけてしっかりと側からはなれないようにしておきましょう。旅行で親も疲れて、ふっと寝落ちして目を離してしまった、ということもあり得ますから!

こちらはミッキーのデザインですが、ほかにも天使の羽やクマさん、うさぎさんなどかわいいデザインがいっぱいです。

付けてるだけでもかわいいのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

こちらの記事を読んだ方の中には、子供を飛行機の乗せるだけでずいぶんと神経質だなぁと思られる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、高いお金を出して搭乗している周りの人たちに迷惑をかけないようにすることは、最低限のマナーですし、対策をして当然のことです。

自分が反対の立場になった今、それをひしひしと感じます。そして、過去に子連れで長時間フライトを経験し、子どもが泣いて迷惑をかけてしまったことを今でも本当に心の底から申し訳なかったと思っています。

その経験から、親とほかの乗客のみなさんの両方が少しでも快適なフライトをできればと思いこの記事を書きました。

これから子連れで海外へ長距離フライトをする方のお役に立てたらうれしいです。

さいごに:老婆心ですが子供はあっという間に大きくなって親元から巣立って行ってしまいます。いつか「小さかった時いっしょにフライトしたな~」なんてなつかしく思う日がかならずやってきます。

かわいいお子さんとの貴重な体験を思いっきり楽しんでくださいね♪(*^^*)

おまけ

チェックしておきたいポイント

  • 出発の前には、子どものパスポート、入国管理関連の書類がすべて揃っているか確認しましょう。(特に転勤の方)
  • ベビーカーやカーシート、ハーネスなどをもって行く場合は、連絡先(名前、住所、電話番号、メールアドレス)を書いたラベルを付けておきましょう
  • 治療中である、乗りもの酔いをしやすいという子どもと登場するときは、母子手帳やおくすり手帳、おくすりを忘れずに!
  • ふだん与えているおやつや飲みものは十分な量を用意しておきましょう
  •  オムツやお尻ふきなどオムツ替えに必要なものは忘れずに
  • 飛行中に赤ちゃんがたっぷり水分をとっているか気をつけましょう
  • 上昇・下降時の耳の痛み対策として、おしゃぶりや哺乳瓶、キャンディー、ビスケットなどを用意しておきましょう。口に入れておくと痛みが軽減できると言われています

Have a safe and fun trip with your kid(s)!



こちらの記事が人気です(/・ω・)/

1

ねこのめです。今回は海外渡航25回以上の筆者が、スッキリきれいなスーツケースの詰め方を紹介します。 お待ちかねのバケーション♪旅行に行くのは楽しみだけど、大型スーツケースに大量の荷もつを詰め込むのはア ...

ポケトークWの口コミ!使い方のレビューといい点・あまりよくない点【動画あり】 2

ねこのめです。ソースネクストの「ポケトークW」を購入しました。使ってみた口コミと、いい点、あまり良くない点をレビューしています。ポケトークWを買おうかどうか迷ってる人は参考にどうぞ。 ソースネクストの ...

海外お土産 通販サイト 宅配 3

こんにちは!ねこのめです。今回は、世界中のお土産をネットで買えるとっても便利な「海外お土産通販サイト」を紹介します。 海外でたくさんお土産を買ってしまうとあんまりいいことありません。ホテルにどっさり抱 ...

ホテルズドットコム 無料宿泊 本当 4

>>ホテルズ.com 予約はこちら<< ※10泊でどこでも泊まれる1泊無料もらえます。 ホテルズドットコムの一泊無料宿泊特典の使い方 10泊したら一泊無料!のホテルズドットコム(Hotels.com) ...

5

まさかテレビでこの話が!?もりけんファンがのけぞったタモリの話の内容は… ル~ルル ルルル ル~ルル~♪ 毎年の年末、「徹子の部屋」の1年の締めくくりのゲストとして出演し続けているタモリさん。毎年さま ...

6

月曜から夜ふかし「都道府県別うっかり言うとムッとされること」が面白すぎる 関ジャニの村上信五とマツコ・デラックスの「月曜から夜ふかし」で放送された『「都道府県別 うっかり言うとムッとされること」を調べ ...

-海外旅行・国内旅行
-, , ,

Copyright© ねこのめダイアリー , 2019 All Rights Reserved.