音楽とわたし

スーパーセル Supercell

更新日:




supercell

スーパーセルとは・・・

昨日の茨城の竜巻の件でyahooニュースに「スーパーセル」の文字を見つけた。

スーパーセルが原因で今回の竜巻は起こったのではないかという記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20120506-00000545-san-soci

スーパーセルとは?

スーパーセルは、小さな単一セルから成長してできることもあれば、複数のセル(マルチセル)が構成する一塊からできることもある。上昇気流域と下降気流域が分離しているため、持続時間が平均数時間と長く、"quasi-steady-state storms"(準定常状態の嵐)としても知られている。マルチセル・ラインからできる場合は、この長寿命の嵐が、一般風に従った向きから分裂に伴って方向転換をするところから始まる。水平方向の一般風に鉛直シアーがあるときに分裂しやすく、右側に逸れる"right-movers"(ライトムーバー)、左側に逸れる"left-movers"(レフトムーバー)と呼ばれる)に分裂する。このとき、ライトムーバーは下降気流が強まって弱体化する一方、レフトムーバーは上昇気流が強まってスーパーセルになる。

「スーパーセル」というのは大きさで定義されているわけではないので、その大きさはさまざまである。普通、水平規模は約10km~100kmのオーダーである。特徴として、大量の雹、激しい雨(集中豪雨)、強いダウンバースト、そして時に竜巻を発生させることが知られている。「メソサイクロン引き延ばし型」の竜巻の発生原因としては、最も古くから知られている。※ウィキペディアより

 

日本での竜巻被害というと私が覚えているのは5年位前の佐賀県で起きた竜巻かな。
かわら屋根があちこちに飛んだりしていた。

竜巻の本場?アメリカで見たときはすごかった。

ちょうどその時テキサスかどこかのハイウェイを走っていたときだったんだけど、地平線が見えるくらい平坦な土地なので、竜巻(アメリカのはトルネード。野茂選手のあだ名だったね。古いかw)の通った後が、びゃーーーーっ!と続いていた。
あたりには壊された破片が飛び散ってた。

2011年のアメリカ南部を襲ったトルネードのときはその破壊力に唖然とした。

ちょうどノースカロライナにいたのだけれど、
トルネードが通った後の住宅地は、樹齢何百年もありそうな大木が、そこかしこでバッタバッタとなぎ倒され、根っこがむき出しになって倒れて、ノースカロライナのあたりの土は赤土だから、緑の木々にぱっくりと赤い土が根っことともに盛り上がっているから余計に目立ってた。

話がそれましたが、

そんな破壊力を持つ竜巻(トルネード)を引き起こすのが巨大積乱雲、通称「スーパーセル」なわけですが、私の中でのスーパーセルはちと違いました。

どうしても音楽業界の方のスーパーセルを連想してしまうのです。

そうです、あのマドマギ、ギルクラの曲やった人たちです

グループのスーパーセルとは?

supercell(スーパーセル)は、コンポーザーryoを中心にイラストレーターやデザイナーが集ったクリエイター集団である。メンバーにはボーカルはおらず、supercell名義で発表する楽曲については、ファーストアルバムでは音声合成ソフトの「初音ミク」をボーカルに用い、セカンドアルバムまでの楽曲ではnagiを、セカンドアルバムの後は、こゑだをゲスト・ヴォーカルに迎えている[1]。

ウィキペディアより

初めて聴いたのは2年前くらいかな。

今まで聞いてたフツーな楽曲(EXILEとかマッキーとかwww)とは全く異なる世界の音楽で、FreeTEMPOのようなクラブミュージックとはまた違う。

かといって、巷で歌われているようなアニソンとも違う。
初音ミクが好きなんで、ドストライクですし。

わたしは一瞬にしてスーパーセルの世界に轢きこまれていったわけです。

好きな曲は 初音ミクvocal 「その一秒スローモーション」「ライン」
「約束をしよう」(←涙)「HELLO」

まぁどれを聴いても好きですがw

という訳で、今朝のニュース見てちと脱線してしまったのでした。







-音楽とわたし
-,

Copyright© ねこのめダイアリー , 2017 All Rights Reserved.