アメリカ⇔日本の国際線レビューや通販やいろいろレビュー。

(新)記事上テキスト

健康・ヘルシーライフ

ひざの痛みに3秒キープ運動がいい!?

更新日:

ひざ

ひざの痛みに3秒キープ運動がいいらしい

今夜のビートたけし司会の「みんなの家庭の科学 3時間スペシャル」面白かったです~!

便秘やひざ痛などおおくのひとが抱える問題を、分かりやすく深く掘り下げて原因を解明していくのですが、特に母親が持ってる「ひざの痛み」の話はタメになりました。

関節のスペシャリスト・松原正明先生(玉川病院整形外科部長)によると、ひざの痛みって、間接の軟骨の減少からって思ってたんだけど、
それ以外にも、大腿骨が先天的に遺伝とかでねじれてる人にも起こるんだって。

足をぺたっと広げて座るいわゆる【女の子すわり】が出来る人に多いんだとか。

欧米人より日本人に女の子すわりが出来る人が多いって事で生活習慣にも原因があるかもといっていました。私は女の子すわりが出来ないので、ひざ痛になりにくいのかな。

で、テレビではバレエダンサーでひざ痛に悩む女性に、寝そべって太ももを3秒上げる「3秒キープ」運動って言うのを2週間以上やってもらって結果を紹介していたんですが、階段を手すりにつかまらずには降りれなかった人が、トントントンと駆け上っていくまでに回復していたんです!

すごいですよね!20年くらい痛みと付き合っていた人なのに、ほんの3週間ほどまじめに運動しただけでこんなにかわるなんて、この人テレビに出れてラッキーだと思います。

3秒キープ体操のやり方はこちらで見れるので、ひざ痛に悩む人はしばらく真面目に取り組んでみては!?

ちなみに番組に出ていた8人中6人は軟骨の問題だったので、まず調べてからやったらいいかもしれません。

▽番組サイトにはこのほかタメになる情報満載でしたよ!
たけしの健康エンターテイメント「家庭の科学」公式サイト

記事下336-280

記事下336-280

-健康・ヘルシーライフ

Copyright© ねこのめダイアリー , 2017 All Rights Reserved.