TOEIC&英語勉強

TOEICリスニング試験はアメリカ英語だけじゃない

更新日:




toeic

まさかのアメリカ英語だけじゃないTOEICリスニング試験

次回のTOEICのために覚書を書いておくことにします。

最初にテキストを手にして練習問題のCDを聞いたときは固まりました。

だって聞きなれてたアメリカ発音だけじゃなくて、インド発音やイギリス発音が入ってるんです。

一応外国人の友達が結構いて英語には耳が慣れていると自負していたのですが、
このCDを聞いたときはほとんど分からなくて、もしかしたらリスニングで落ちるかもしれないとう不安を抱くほど聞き取れなかったです。

もともとあんまり英語に関する耳の感度がよくなくて、小さいころから洋楽を聴いて育った割には覚えが悪かったんですよね。

小学生のころには親ががんばってブリタニカの何十万円もする英語セットを購入してくれたけど、結局名際に流していたのは、超初級の日本語メインなストーリーだったものですから、
覚えたフレーズは
「It’s Friday!」と
「I beg your pardon?」だけでした。

I beg・・・なんて覚えましたけど、アメリカ人に行ったら吹き出されましたよ・・・
そんなのいわなーいって!Www
イギリスなら言うのかしら?

テキストを指さし確認しながら猛特訓

とにかくどうやら私の耳は聞き取りが苦手なので、対策としてはこの練習問題CDを
テキストで指差し確認しながら何度も何度も聞きました。

テスト会場は、運動会のときに使うようなスピーカーで会場全体に音を流すので、ヘッドフォンで練習しなくてよかったです。ヘッドフォンは自分の耳にぴったり付いてるからよく聞こえますけど、会場ではそうは行かないですから。

何回目くらいだったかなー、ちょっとわかるようになってきたんです。

模擬練習でも、3回目くらいには満点に近かったかな。

同じものを何回も聞くのですから話を覚えてしまいましたwww

一度聞き方のコツを覚えれば、あとはまぁなんとか聞き取れるようになったんですけど、なにしろテキストの英語ですから、実生活でイギリス人の英語が聞き取れるようになったかと言うと、違うんですね~。
今でもイギリス英語の映画やドラマはあんまり分からない~。

するすると耳に入ってきて分かったら、映画も字幕なしでたのしいnだろうな~。







-TOEIC&英語勉強
-

Copyright© ねこのめダイアリー , 2017 All Rights Reserved.